QRコードの用語の説明(その2) − QRコードシンボルの構成 −

ここでは、QRコードの読み取りや読み込みの仕組みについて述べる。
QRコードシンボルは、復号化を補助するために必要なシンボル位置の検索や特性の識別に必要なシンポルの余分な部分である「機能パターン」と、それ以外の領域で、必要となる情報(データ)が書き込まれている領域である「符号化領域」の2つに分類される。

1.【機能パターン】 (Function Pattern)

QRコードのモジュール内での復号化を補助するために必要なシンボル位置の検索や特性の識別に必要なシンポルの余分な部分。 位置検出パターン、位置検出パターンの分離パターン、タイミングパターン、位置合せパターンの4つからなり、 位置や特性を識別するだけなのでパターンの中にデータが書かれることはない余分な領域。

A.位置検出パターン (Finder Pattern)

QRコードの3つの隅(左上,左下,右上)に必ず配置される。それぞれは1辺が3モジュールの正方形を真ん中に置き暗モジュールで塗りつぶす。周りに1辺が7モジュールの正方形の暗モジュールで囲む。読み取り時には、3個の位置検出パターンを識別することで、シンボルの方向や位置を正しく認識できるようにする。このため、同じようなパターンがシンボル内でできにくいようにマスクを決める。
【下の赤色が位置検出パターン】

2 Created by 多機能QR ColorfulQRCodeMaker

B.位置検出パターンの分離パターン (Separator)

位置検出パターンの周りに置く1モジュール幅の明モジュール。位置検出パターンをシンボルから区別するために使う。
【下の赤色が位置検出パターンの分離パターン】

3 Created by 多機能QR ColorfulQRCodeMaker

C.タイミングパターン (Timing Pattern)

暗モジュールと明モジュールが1モジュールずつ交互になった直線を、水平方向と垂直方向に1本ずつ6行目に配置する。タイミングパターンによって、シンボルのモジュール数がわかるため、型番を決めることができる。
【下の赤色と黄色がタイミングパターン】

4 Created by 多機能QR ColorfulQRCodeMaker

D.位置合せパターン (Alignment Pattern)

QRコードのバージョンによって決められた位置に配置される。それぞれは1辺が1モジュールの暗モジュールを真ん中に置き、周りに1辺が5モジュールの正方形の暗モジュールで囲む。位置合せパターンは大きなモジュールの場合シンボル位置の検索を補助する働きをする。
【下の赤色が位置合せパターン】

5 Created by 多機能QR ColorfulQRCodeMaker

E.クワイエットゾーン (Quiet Zone)

QRコードの周りにある何も表示されない領域。最低4モジュール幅の領域が必要。
【下の赤色がクワイエットゾーン】

1 Created by 多機能QR ColorfulQRCodeMaker

2.【符号化領域】 (Encoding Region)

機能パターン以外の領域で、必要となる情報(データ)が書き込まれている領域。
符号化領域はデータ及び誤り訂正コード語、形式情報、型番情報の3つからなる。

A.データ(シンボルキャラクタ)及び誤り訂正コード語 (Data and Error Collection)

実際のデータ(シンボルキャラクタ)とデータが読み取れなかった場合の誤り訂正用の誤り訂正コード語を配置する。誤り訂正コード語の数は、誤り訂正レベルによる。
【下の赤色がデータ(シンボルキャラクタ)及び誤り訂正コード語】

8 Created by 多機能QR ColorfulQRCodeMaker

B.形式情報 (Format Information)

シンボルに使われている誤り訂正コードとマスク処理パターンの情報を持つ。左上に1つと、左下と右上を合わせて1つの、合計2つある。2つはまったく同じ内容で、一方が読めないときの予備になる。
【下の赤色と黄色が形式情報】

6 Created by 多機能QR ColorfulQRCodeMaker

C.型番情報 (Version Information)

シンボルの型番(バージョン)情報と誤り訂正レベルの情報をもつ。右上に1つと、左下に1つの、合計2つある。2つはまったく同じ内容で、一方が読めないときの予備になる。
【下の赤色と黄色が型番情報】

7 Created by 多機能QR ColorfulQRCodeMaker

 


 


    
このページでは、QRコードの読み取り方法や読み込みの仕組みについて述べる。
【QRコードとは】QRコードは二次元バーコードの1つで、1994年に株式会社デンソーにより開発されました。現在は分社化により株式会社デンソーウェーブが特許権(特許第2938338号)を所有していますが、デンソーウェーブが保有する特許の権利行使を行わないことを宣言しています。そのため、日本国内だけでなく国際規格でも規格化されており、誰でも仕様を入手することができたため、携帯電話をはじめ多くの分野で広く普及しています。QRCodeのQRはQuick Responseの略で、読み取りの速さと正確さ、操作性の高さなど目指して開発されました。
【QRコードのサイズ・大きさとは】21セル×21セルから177セル×177セルまで(型番が一つ上がるごとに一辺につき4モジュールずつ増加する)
【QRコードの最小サイズとは】QRコードの最小サイズは、型番が1の時で21セル×21セル
【QRコードの最大サイズとは】QRコードの最大サイズは、型番が40の時で177セル×177セル
【QRコードの最大文字数とは】QRコードの最大文字数は、型番と誤り訂正レベルによって、格納できる文字数が決まっている。最大文字数は「型番=40」、「誤り訂正レベル=L」の時、数字モード:7089文字、英数字モード:4296文字、8ビットバイトモード:2953文字、漢字モード:1817文字となる。
【無料QRコード作成】高性能WebQRCode(Silverlight版)
【無料QRコードアプリ(アプリケーション)】
 ★多機能QR カラフルで目立つカラーQRコードを、無料でデザイン・作成・生成・変換できるフリーソフト【無料2次元バーコード作成ツール】
 ★ColorfulQRCodeMaker こんなカラフルなQRコードが簡単にデザイン出来、とても無料とは思えない!!!
 ★DotNetBarcode 通常のバーコートとQRCodeにも対応した高性能完全無料ライブラリー(Visual BasicとC#に対応)
 ★RealTimeQRCodeMaker 二次元バーコードのQRコードをリアルタイムに高速に作成し、ファイルに保存したり、Word,Excelなどに貼り付けたりできます。