超簡単!! DotNetBarcodeクラスライブラリを使ったQRコードアプリケーションの作り方

無料で作れる Visual Basic 2005 Express Edition編(製品版でも手順は同じ)

1.Visual Basic 2005 Express Editionを入手し、導入する。

(すでにVisual Basic2005が導入されている場合は、次に進んでください)

 

マイクロソフトの下記のURLを表示する。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/

次に、Visual Basic 2005 Express Editionを選択すると下記のURLになります。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/vbasic/

 

ここで、「WEBからのインストール」を選択します。

 

ファイルのダウンロードメニューで「実行」ボタンを押します。

 

ダウンロード中のダイアログ・ボックスが表示されます。

 

ダウンロードが完了すると、セキュリティーの警告ダイアログが表示されるため、「実行する」ボタンを押します。

 

Visual Basic 2005 Express Editionのセットアップ・ダイアログが表示されるため、後はメニューに従ってボタンを押します。

 

導入が完了すると、「スタート」メニューに「Microsoft Visual Basic 2005 Express Edition の起動」が表示されますので、「Microsoft Visual Basic 2005 Express Edition の起動」を起動します。

 

以上でVisual Basic 2005 Express Editionの入手と導入は完了です。

 

2.アプリケーションの作成

 

Visual Basic 2005 Express Editionのメニューで、「ファイル」−「新しいプロジェクト」を選択します。

上記のダイアログ・ボックスが表示されるため、「OK」ボタンを押します。

 

 

メニューより「表示」−「ツールボックス」で、ツールボックスを表示します。

 

 

次に、TextBoxPanelForm1の上に配置します。

二次元バーコード(QRコード)は複数行に文字を入力できるので、TextBoxMultilineプロパティをTrueに変更する。

 

次に、Form1.vbのコードを表示します。

 

 

メニューより、「プロジェクト」−「参照の追加」を選択します。

 

 

「参照」タブボタンを押します。

 

 

DotNetBarcodeクラスライブラリである、DotNetBarcode.dllを選択し、「OK」ボタンを押します。

 

 

先ほど表示した、Form1.vbのコードの、

Public Class Form1End Classの間に、下記のコードを挿入します。

 

 

 

なんと、これでバーコードアプリケーションは完成です。

早速、動かして見ましょう、メニューから「デバッグ」−「デバッグ開始」でアプリケーションを起動します。

 

 

テキスト・ボックスに英数字を入れると、ダイナミックにQRコードが表示されます。

 

 

以上で、アプリケーションの作成は完了です。

 

3.アプリケーションの説明

 

切り貼りしたアプリケーション・コードの説明をします。

 

   @ Dim bc1 As System.DotNetBarcode = New System.DotNetBarcode

DotNetBarcodeクラスライブラリを使うときは、必ずこのように定義します。この定義でbc1DotNetBarcodeオブジェクトになります。

 

    Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load

 

        Abc1.Type = System.DotNetBarcode.Types.QRCode

  アプリケーション起動時にDotNetBarcodeオブジェクトbc1のバーコードのタイプをQRCodeに変更します。

        Bbc1.PrintCheckDigitChar = True

  アプリケーション起動時にDotNetBarcodeオブジェクトbc1のバーコードのCheckDigit文字を表示します。

 

    End Sub

 

    Private Sub Panel1_Paint(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.Forms.PaintEventArgs) Handles Panel1.Paint

 

        Cbc1.WriteBar(Me.TextBox1.Text, 0, 0, Me.Panel1.Size.Width, Me.Panel1.Size.Height, e.Graphics)

  Panel1Panel1の大きさにちょうど合うように、バーコードを表示します。

 

    End Sub

 

    Private Sub TextBox1_TextChanged(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles TextBox1.TextChanged

 

        DMe.Panel1.Refresh()

  テキスト・ボックスの内容が変化したら、バーコードを再表示します。

 

    End Sub

 

 

4.補足

 

このアプリケーションとほぼ同等のアプリケーションが、DotNetBarcodeサンプル・アプリケーションのSimpleSampleに収録されています。