QRCode対応高性能完全無料ライブラリー
DotNetBarcodeの質問と回答

  【質問1】

    Webアプリケーションで使うことはできますか。

  【答え1】

    現在のバージョンでは対応していません。

  【質問2】

    バージョン1では、バーコードを保存する時にうまく保存できないことが
     ありましたが バージョン2では修正されていますか。

  【答え2】

    バージョン1では、バーコードを保存する時にクリップボード経由で行っていた
     ため問題がありました。バージョン2では直接保存しますので、問題は
    ありません。
    さらに、バージョン2では5種類のファイル形式で保存できるようになりました。

  【質問3】

    2次元バーコードへの追加対応はありませんか。

  【答え3】

    V2.2.0でQRコードへの対応しました。

  【質問4】

    他の1次元バーコード(Code128,ITF,NW-7など)への追加対応はありませんか

  【答え4】

    他の1次元バーコード(Code128,ITF,NW-7など)への興味はほとんどないので
    まず追加対応はないと思います。

  【質問5】

    DotNetBarcodeクラスライブラリのソースコードを公開する予定はありませんか

  【答え5】

    現在のところ、公開する予定はありません。

  【質問6】

    このバーコードライブラリを使った使用実績はどうですか。

  【答え6】

    JanやCode39は年間2万枚以上を印刷する伝票の納品確認などに
     3〜4年間使っていますが、今のところバーコードが間違っていたなどの
     問題はまったくありません。
    他の利用者からも、バーコードが間違っていたなどの連絡は受けていません。
    また、V1.0.0からV2.0.0でのバージョンアップでバーコードの表示ロジックは
    一切変更していませんので、問題ないと思われます。
    QRコードに関してはこれからですが、かなりのテストをしましたが問題は
    ありませんでした。