【QRコードの作り方】QRコードの用語の説明(その1)

ここでは、QRコードの読み取りや読み込みの仕組みについて述べる。まずは、QRコードの用語について解説する。

1.【モジュール】(Module)

QRコードのシンボルを構成する最小の単位セル。モジュールの大きさは型番により決定され、 最小サイズは「型番1」の21×21モジュール。最大サイズは「型番40」の177×177モジュール。 データの1ビットが1モジュ ールに相当する。

2.【型番】(Version)

1から40の番号で表されるシンボルの大きさ。 最小の大きさは「型番1」の21×21モジュール。最大の大きさは「型番40」の177×177モジュール。

全バージョン(型番)一覧表へ

3.【誤り訂正レベル】(Error Collection Level)

QRコードに汚れなどがあっても正確に読み取れるように、読み取り不能や読み取り間違いのモジュールを 修正するために付けられる誤り訂正語のデータ語に対する割合。下記の4レベルがある。

  ・ レベルL (コード語の約7%が復元可能)
  ・ レベルM (コード語の約15%が復元可能)
  ・ レベルQ (コード語の約25%が復元可能)
  ・ レベルH (コード語の約30%が復元可能)

誤り訂正レベルごとの読取テストへ

4.【モード】(Mode)

QRコードの中に定義される文字列の表示方法を表す。一般的にはよく使われるモードは、数字データモード、 英数字データモード、8ビットバイトデータモード、漢字データモードの4つと、その4つを組み合わせた 混合モードである。

5.【モード指示子】(Mode Indicator)

次のデータ文字列がどのモードで符号化されるかを示す4ビットの識別子

6.【文字数指示子】(Character Count Indicator)

モードの中でデータ文字列の長さを定義するビット列

7.【マスクパターン参照子】(Mask Pattern Reference)

シンボルに適用されるマスク処理パターンのために使用するビットの識別子。

8.【マスク処理】(Masting)

QRコードを読み取り易くするために行う処理。マスク処理パターンは8種類用意されており、その中で最も、 明モジュールと暗のモジュール数を均一化し、画像の高速処理の障害となるパターンの発生が抑えられるマスクを採用する。 マスク処理は、符号化領域のビットパターンとマスク処理パターンをXORする。

9.【コード語】(Code Word)

実際QRコードで読み取りたいデータが書き込まれたデータ。

10.【誤り訂正語】(Error Collection Word)

QRコードに汚れなどがあってもデータ語を正確に読み取れるように、読み取り不能や読み取り間違いのモジュールを 修正するために余分に付けられるビット。誤り訂正語はデータ語から計算して作成される。

11.【埋め草コード語】(Pad Code Word)

空のコード語位置を埋める目的で使用るするデータを示さない仮のコード語。 コード語の数がシンボルの容量に満たない場合に使用される。

12.【埋め草ビット】(Padding Bit)

データビット列の終端パターンの後にある最終コード語の空の位置を埋める目的で使用するデータではないゼロのビット。

13.【残余ピット】(Remainder Bit)

符号化領域が8ビットのシンボル文字で割り切れない場合に,最終シンボル文字の後にあるシンボル符号化領域の 空の位置を埋める目的で使用されるデータではないゼロのビット。

14.【残余コード語】(Remainder Code Word)

データ及び誤り訂正コード語の総数が,シンボルの容量を満たさない場合に、シンボルを完成させるために 空のコード語位置を埋めるために使用する埋め草コード語。

15.【終端パターン】(Terminator)

データの終りを表すビット列。データの最後に使用し、0000のビット列になる。

 

モジュールの座標について

モジュールの座標は,シンボルの行と列の座標(X,Y)で定義される。XとYは0から数え始める。Xはモジュールの位置する行を上から下へ数える。Yはモジュールの位置する列を左から右へ数える。座標(0,0)はQRコードの左上の 位置になる。

 

 


    
【WEB単位変換】長さ・面積・体積・容量・重さ・SI接頭語の単位を変換
Webで色(RGB,HSL,CMYK,HSV)の作成・変換・生成・合成
High-speed real-time Web online Color(RGB,HSL,CMYK,HSV)Converter
このページでは、QRコードの読み取り方法や読み込みの仕組みについて述べる。
【QRコードとは】QRコードは二次元バーコードの1つで、1994年に株式会社デンソーにより開発されました。現在は分社化により株式会社デンソーウェーブが特許権(特許第2938338号)を所有していますが、デンソーウェーブが保有する特許の権利行使を行わないことを宣言しています。そのため、日本国内だけでなく国際規格でも規格化されており、誰でも仕様を入手することができたため、携帯電話をはじめ多くの分野で広く普及しています。QRCodeのQRはQuick Responseの略で、読み取りの速さと正確さ、操作性の高さなど目指して開発されました。
【QRコードのサイズ・大きさとは】21セル×21セルから177セル×177セルまで(型番が一つ上がるごとに一辺につき4モジュールずつ増加する)
【QRコードの最小サイズとは】QRコードの最小サイズは、型番が1の時で21セル×21セル
【QRコードの最大サイズとは】QRコードの最大サイズは、型番が40の時で177セル×177セル
【QRコードの最大文字数とは】QRコードの最大文字数は、型番と誤り訂正レベルによって、格納できる文字数が決まっている。最大文字数は「型番=40」、「誤り訂正レベル=L」の時、数字モード:7089文字、英数字モード:4296文字、8ビットバイトモード:2953文字、漢字モード:1817文字となる。
【無料QRコード作成】高性能WebQRCode(Silverlight版)
【無料QRコードアプリ(アプリケーション)】
 ★多機能QR カラフルで目立つカラーQRコードを、無料でデザイン・作成・生成・変換できるフリーソフト【無料2次元バーコード作成ツール】
 ★ColorfulQRCodeMaker こんなカラフルなQRコードが簡単にデザイン出来、とても無料とは思えない!!!
 ★DotNetBarcode 通常のバーコートとQRCodeにも対応した高性能完全無料ライブラリー(Visual BasicとC#に対応)
 ★RealTimeQRCodeMaker 二次元バーコードのQRコードをリアルタイムに高速に作成し、ファイルに保存したり、Word,Excelなどに貼り付けたりできます。