【QRコードの作り方】QRコードとは

QRコードは二次元バーコードの1つで、1994年に株式会社デンソーにより開発されました。現在は分社化により株式会社デンソーウェーブが特許権(特許第2938338号)を所有していますが、デンソーウェーブが保有する特許の権利行使を行わないことを宣言しています。そのため、日本国内だけでなく国際規格でも規格化されており、誰でも仕様を入手することができたため、携帯電話をはじめ多くの分野で広く普及しています。QRCodeのQRはQuick Responseの略で、読み取りの速さと正確さ、操作性の高さなど目指して開発されました。

QRコード規格制定の歴史

1997年 AIM International(国際自動認識工業会)の規格として制定(ISS - QR Code)
1998年 JEIDA(日本電子工業振興協会)の規格として制定(JEIDA-55)
1999年 JIS(日本工業規格)の規格として制定(JIS X 0510)
2000年 ISOの国際規格として制定(ISO/IEC18004)
2004年 JIS(日本工業規格)の規格としてマイクロQRコードを追加で制定

QRコードシンボルの種類(3種類あります)

QRコードシンボルには、「QRコードシンボル モデル1」、「QRコードシンボル モデル2」、「マイクロQRコードシンボル」の3種類があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

1.【QRコードシンボル モデル1】

A.コードの大きさ

21セル×21セル〜73セル×73セル(型番が一つ上がるごとに一辺につき4モジュールずつ増加)

B.シンボル当たりの文字数

数字データ 最大1,167文字
英数字データ 最大707文字
8ビットバイトデータ 最大486文字
漢字データ 最大299文字

C.選択可能な誤り訂正

レベルL コードワードの約7%が復元可能
レベルM コードワードの約15%が復元可能
レベルQ コードワードの約25%が復元可能
レベルH コードワードの約30%が復元可能

D.型番

1型から14型

E.推奨

最新(2004年11月20日改定)のJIS規格書(JIS X5010)の「適合条件」の中で、新規用途またはオープンシステム用途にあってはQRコードシンボルのモデル1は推奨されないシンボル形式となっているため、通常はモデル2を使うことが好ましい。また、QRコードシンボルのモデル2はモデル1以上のデータ量を扱えるため、モデル1をあえて使う理由もあまりないと思われる。さらに、携帯電話ではQRコードシンボルのモデル2にしか対応していないものが多いようである。

2.【QRコードシンボル モデル2】

A.コードの大きさ

21セル×21セル〜177セル×177セル(型番が一つ上がるごとに一辺につき4モジュールずつ増加)

B.シンボル当たりの文字数

数字データ 最大7,089文字
英数字データ 最大4,296文字
8ビットバイトデータ 最大2,953文字
漢字データ 最大1,817文字

C.選択可能な誤り訂正

レベルL コードワードの約7%が復元可能
レベルM コードワードの約15%が復元可能
レベルQ コードワードの約25%が復元可能
レベルH コードワードの約30%が復元可能

D.型番

1型から40型

3.【マイクロQRコードシンボル】

A.コードの大きさ

11セル×11セル〜17セル×17セル(型番が一つ上がるごとに一辺につき2モジュールずつ増加)

B.シンボル当たりの文字数

数字データ 最大21文字
英数字データ 最大13文字
8ビットバイトデータ 最大9文字
漢字データ 最大5文字

C.選択可能な誤り訂正

レベルL コードワードの約7%が復元可能
レベルM コードワードの約15%が復元可能
レベルQ コードワードの約25%が復元可能

D.型番

1型から4型

QRコードシンボルのモデル2についてのみ記述

最新(2004年11月20日改定)のJIS規格書(JIS X5010)の「適合条件」の中では、新規用途またはオープンシステム用途にあってはQRコードシンボルのモデル1は推奨されないシンボル形式となっている。また、QRコードシンボルのモデル2はモデル1以上のデータ量を扱えるため、モデル1をあえて使う理由もあまりないと思われる。さらに、携帯電話ではQRコードシンボルのモデル2にしか対応していないものが多いようである。
また、マイクロQRコードシンボルは、QRコードの1型よりも情報量が少ないため、特定の限られた用途でしか使用されない。
以上の理由により、ここでの説明はQRコードシンボルのモデル2についてのみ記述する。

 

 


    
【WEB単位変換】長さ・面積・体積・容量・重さ・SI接頭語の単位を変換
Webで色(RGB,HSL,CMYK,HSV)の作成・変換・生成・合成
High-speed real-time Web online Color(RGB,HSL,CMYK,HSV)Converter
このページでは、QRコードの読み取り方法や読み込みの仕組みについて述べる。
【QRコードとは】QRコードは二次元バーコードの1つで、1994年に株式会社デンソーにより開発されました。現在は分社化により株式会社デンソーウェーブが特許権(特許第2938338号)を所有していますが、デンソーウェーブが保有する特許の権利行使を行わないことを宣言しています。そのため、日本国内だけでなく国際規格でも規格化されており、誰でも仕様を入手することができたため、携帯電話をはじめ多くの分野で広く普及しています。QRCodeのQRはQuick Responseの略で、読み取りの速さと正確さ、操作性の高さなど目指して開発されました。
【QRコードのサイズ・大きさとは】21セル×21セルから177セル×177セルまで(型番が一つ上がるごとに一辺につき4モジュールずつ増加する)
【QRコードの最小サイズとは】QRコードの最小サイズは、型番が1の時で21セル×21セル
【QRコードの最大サイズとは】QRコードの最大サイズは、型番が40の時で177セル×177セル
【QRコードの最大文字数とは】QRコードの最大文字数は、型番と誤り訂正レベルによって、格納できる文字数が決まっている。最大文字数は「型番=40」、「誤り訂正レベル=L」の時、数字モード:7089文字、英数字モード:4296文字、8ビットバイトモード:2953文字、漢字モード:1817文字となる。
【無料QRコード作成】高性能WebQRCode(Silverlight版)
【無料QRコードアプリ(アプリケーション)】
 ★多機能QR カラフルで目立つカラーQRコードを、無料でデザイン・作成・生成・変換できるフリーソフト【無料2次元バーコード作成ツール】
 ★ColorfulQRCodeMaker こんなカラフルなQRコードが簡単にデザイン出来、とても無料とは思えない!!!
 ★DotNetBarcode 通常のバーコートとQRCodeにも対応した高性能完全無料ライブラリー(Visual BasicとC#に対応)
 ★RealTimeQRCodeMaker 二次元バーコードのQRコードをリアルタイムに高速に作成し、ファイルに保存したり、Word,Excelなどに貼り付けたりできます。